室内空気質と健康住宅のブログ関東支部。

過剰な暖冷房

暑い夏には、家中の窓やドアを締めきって
ガンガンにクーラーをフル稼働。気持ちよさそうなのですが、涼しさを通り越して寒さだけが残り、身体の調節機能をおかしくしてしまいます。
冬は同じように気密性を高くして、ヒーターを目一杯使う。これもやはり身体を動かざす、健康によくありません。

優しい温かさ

夏は高原にいる程度のヒンヤリ程度の涼しさ。
冬は、暖かい春の陽気が部屋に差し込むレベルの優しい暖かさがあれば、十分なのかもしれません。
そんな環境の家こそが、本当の健康住宅と言えると思います。

優雅

ガラス張りの天井から降り注ぐ太陽の光が優しく部屋を暖めてくれる。
そして、夏の日は外気を効率良く取り込んで、少し汗ばむ程度の室温。
それでいて、日陰になっている場所で、のんびりとした昼下がりの時間優雅に感じさせてくれるマイホームの中で暮らしていける作りが私達の人生を豊かにしてくれると思います。

白川郷

必ずしも、オール電化でなくても、ちょっとした作りで、快適な家ができるのではないでしょうか?
白川郷にいくと、昔ながらの家が立ち並んでいますが、これこそ理想の健康住宅のヒントかもしれません。

僕の実家は注文住宅で建てられた一戸建てなのですが、その注文住宅の影響で人との繋がりを実感したエピソードを書いていきます。

素敵!私の家も注文住宅にしたいわ!

僕の実家が注文住宅で建てられた時に、ささやかながら友人・知人などを招いてパーティーをしました。その時に僕の母方のお婆ちゃんの
ご友人が「素敵!私の家も注文住宅にしたいわ!」とお婆ちゃんに言っておりました。
本当に素敵と思ってくれたらしく、お婆ちゃんに業者を紹介してくれだの、費用等のことを詳しく尋ねていたのが印象的でした。

注文住宅で注文!

このご友人とお婆ちゃんはとても仲良しでして、お婆ちゃんもすぐに業者を手配をしたらしくとても感謝されておりました。
すぐに注文住宅で建てる計画がとんとん拍子に進み、施工に入っていきました。
この時のご友人の瞳はとても輝いており、お婆ちゃんだとゆうのにまるで少女のようでした。

クオリティが高いと人から人へ伝わる

このご友人の家が建てられた時に、僕らもパーティーに行きました。とても楽しいパーティーでした。
その時にそのご友人のご友人の男性が、「うちも注文住宅にしよう!業者の名前教えてよ」と話をしておりました。
このようにクオリティの高い施工をして素敵な注文住宅が出来上がると、人から人へ伝わるものなのだと思いました。

家を通して人と人の繋がり学んだ気がしました。

㏚|生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣